How Can We Help?

生態系安定メカニズム

あなたはここにいる:
<戻る

徐々に耐性を生み出すために特定のメカニズムが建築用DNAに組み込まれていない限り、暗号や経済は持続可能ではありません 国境を越えた経済的な食習慣, socioeconomically destructive weaponized wealth concentration and ecosystem-killing market manipulation. For these reasons, one of the most important components of the Gini architecture is Gini’s automated Ecosystem Stability Mechanism (ESM). The ESM performs the following critical functions:

    • 値ストリーム。 ESMの 値ストリームシステム すべての生態系参加者がGiniエコシステムへの貴重な貢献に報いられるようにします。
    • ダイナミック・トランザクション・フィー・システム。 ESMは、Gini通貨価値が他の主要な通貨に対して高く評価されるため、すべての取引手数料が自動的に減額されることを保証します。これにより、Gini通貨が高く評価されたという理由だけで、実際の商取引でGiniを使用することについて利害関係者にペナルティを課すことはありません。 (注:Giniネットワークの取引手数料は、他の主要な暗号化通貨よりもはるかに低く、主にネットワークへの悪意のある攻撃を防止し、生態系の持続可能性を確保するために存在します。 取引手数料はなぜですか?)
    • 財務資金調達。 ESMは、公的に監査可能なGini財務省に最低レベルのGini資金を提供します。これにより、非営利団体Gini財団は常に溶媒であり、Giniネットワークを管理し、Giniコミュニティが要求する新機能を効果的に構築するのに十分なスタッフが確保されます。財務省はジニコミュニティプールの主要な資金源でもあり、 値ストリームページ.
    • ジニーインデックスセントリ。 ESMのGini Index Sentryは、 ジニインデックス ジニーの生態系と自動的に 徐々に 鯨やカルテルがジニ生態系を支配するのを防ぐため、高濃度のジニ富に対する構造的抵抗性を生み出す。 (これについては以下を参照してください)。
    • マーケット交換セントリ。 この自動化された監視は、 地方分権ジニ市場取引所悪意のある行為や不正な市場行為を監視し、そのような行為に関与するGiniアカウントのトランザクション速度を匿名で抑制し、市場を害から守ります。

ここでは、ESMが上記の機能をどのように、なぜ実行するのかを具体的に説明します。

値ストリーム。 Bitcoinネットワークや、他のすべての深刻な暗号化通貨やフラット世界の銀行と同様に、Giniネットワークは悪意のある攻撃を防止し、経済的に持続可能なものにするために、ある種の取引手数料を課す必要があります。しかし、他の暗号化通貨やフラットバンキングシステムとは異なり、少数のBitcoin鉱山者や巨大銀行や企業の最大株主にのみ手数料を分配する代わりに、GiniのESMはより多くの手数料を分配します 公平に ジニーの生態系全体を通して。 (What is "equity"?)

持続可能なコミュニティがあらゆる生態系において持続可能な価値を生み出すために存在しなければならないという疑いのない事実を考えると、バリューストリームシステムは、マネーサプライを管理する最も公平で持続可能で合理的な方法です。 (コミュニティ主導の価値観の概念は、 ジニーの本したがって、ESMは、すべてのバリューストリーム機能を実行します。バリューストリーム機能は、バリューストリーム機能を実行します。バリューストリーム機能は、バリューストリームのパラメータに従って、生態系全体にわたって自動的に、公平かつ持続的に富と購買力を分配します。 値ストリームページ そして Gini's sustainable monetary system principles.

ジニーインデックスセントリ。 思い出して ジニインデックス IMF、世界銀行、多くのNGO、事実上すべての国の政府が各国の人口における富の集中を測定するために使用する、経済学における金本位制です。ジニインデックスは、ジニーの生態系における富の集中度を測定することも可能ですが、より有用なことをしています。生態系のジニ係数が長すぎると25%を超えることはありません。

これを達成するために、Gini Index SentryがGiniエコシステムが25%のしきい値を超えたことを検出するたびに、自動的にa 非常に緩やかな Gini通貨保有者の上位1%にあるGiniアカウントの生態系安定性(ESF)。このESFは毎日0.0274%で課金されます。 ESFは、Giniインデックスが再び25%を下回るまで、すべてのGiniアカウントの上位1%から自動的に徐々に収集されます。

生態系安定手数料は富裕税ですか? いいえ、それは 生態系安定費用これは、資本主義の歴史を通じて、多くの平和と暗号の経済と国家を不安定にし、破壊した悪質で無謀なクジラに対するコミュニティ資金の保護の一形態である。[1] ジーニーの利害関係者がジニーの指数を25%以上に押し上げるような大きなジーニーの財産を蓄積した場合、それは彼らが生態系全体に対してシステミックなリスクになっていることを意味します。したがって、Giniの利害関係者の上位1%は、Gini指数が25%を下回るまで、潜在的な不安定性と危害から生態系を保護するために毎日0.0274%のESFに貢献する責任があります。

ESFは、生態系の安定性と協力を規定し、体系化し、施行する。 小さなESFは、ジニーコミュニティのクジラにとってインセンティブを減らし、勝手に行動します。また、他のすべての利害関係者が、購入者の数が少ないために購買力が突然失われるリスクを軽減するのに役立ちます 破壊的なクジラは、 around the Gini ecosystem. These systemic features also serve as gentle reminders about Gini's purpose: Protecting human rights; sustainable and equitable wealth creation and distribution; and maximizing the broad-based, wealth-generating potential of real-world commerce. The ESF is a rational, economically viable, and justifiable trade-off that helps to achieve those goals, which are essential to ensure the long-run viability of any socioeconomic ecosystem.

ESFはいくつかの鯨を怖がらせるだろうか? おそらく、すべての安定した経済の基礎は、クジラではなく、強い中産階級です。 ESFは小さくて 一時的 ESFはジニクジラに責任を持って行動するか、別の暗号の家を見つけることを促すのに十分です。富裕層であれば、誰でも自由に財産を投資することができますが、Giniエコシステムに参加したい場合は、人間を保護する最も安定した、公平で持続可能な暗号経済を創造するという独創的なコミットメントを尊重する必要があります現実の商取引の幅広い富を生み出す可能性を最大限に引き出します。これらの利益のためのトレードオフは、クジラに対するいくつかの制限です。私たちは、クジラとミニーを歓迎しますが、ジニーはすべてのクジラに魅力を感じないかもしれないと理解しています。それで大丈夫です。

マーケット交換セントリ。 マーケット交換セントリは、分散型ジーニー取引所の濫用を監視し、防止します。このトピックについては、 ジニー分散型Exchangeページ.

ESF資金はどこに行くのですか? The ESF funds are automatically deposited into the publicly auditable Gini Treasury account on a daily basis until the Gini Index falls back below 25%. Like all Gini Treasury funds, the ESF funds are used to recycle wealth and purchasing power back into the ecosystem and to subsidize the nonprofit Gini Foundation's ongoing operations, which are necessary to build and support the features and systems requested by the Gini Community. Unlike the secret and opaque accounts of most public and private organizations on Earth today, all Gini Treasury fund balances will be published publicly on the GiniFoundation.org website after the Gini Treasury is fully activated.

ESMの実施

ジニネットワークでESMがどのように実施されているかを理解するために、今日、現代のすべての暗号化通貨で暗号解読アカウントとそれに対応する支払いアドレスが作成される方法を最初に見てみましょう。

階層的決定性(HD)ウォレット/勘定。 現代の暗号化ワレットソフトウェアと同様に、 ジニーアカウントセンター ソフトウェア(と今後のPCベースのバージョン)は、ジニーの利害関係者が支払取引で使用する任意の数のアドレスを生成できるようにします。これらのアドレスはすべて、各ウォレット/アカウントのマスター公開鍵の子アドレスです。この機能は、BIP32プロトコルによって確立されています。 (ここは 単純な要約 より多くの 詳細な公式BIP32技術仕様)したがって、 単一のGiniアカウント 無制限の数を生成することができます 支払い先住所 with BIP32.

ESMの実施に関する重要な質問。 At this point, some technically savvy people might be asking themselves: How do we effectively enforce the Gini Index and ESM features? How do we hold abusive market players accountable for their actions in the decentralized exchange? How do we create and enforce all these ecosystem stability and accountability features? Good questions . . . and we have developed some good solutions.

アナーキー・ステータス・クオ。 今日では、事実上すべての暗号化通貨は、誰でも無制限の匿名暗号化を作成できるように設計されています アカウント to bypass any kind of accountability. Based on our polling and lots of anecdotal evidence, the crypto anarchy that exists today is ridiculous from the perspective of the vast majority of humans on Earth who simply want a secure, stable, and mature ecosystem to use their cryptocurrency in real-world commerce. But the puritanical ideology of the dominant cryptocurrency projects today has driven the crypto markets toward anarchy for the past 10 years. In many cases, this anarchy has spawned innovative projects, but it’s also one of the biggest reasons why all cryptocurrency markets today suffer from so much 機能不全および操作.

無秩序の現状を越えて. If Gini blindly followed the status quo, the ESM would be impossible to implement because any Gini whale could simply create 1,000 new accounts and split up their Gini funds across all their accounts to bypass the ESM features. This is why we have developed a unique cryptocurrency account management system that プライバシーと匿名性を保証する ESMを使用して 匿名で hold stakeholders accountable when they engage in abusive market behavior. The Gini system uses the well-established BIP32 protocol for HD account creation and unlimited payment address functionality, but we use cryptographic ゼロ知識証明匿名で添付する each stakeholder to a limited number of accounts so they can’t bypass the ESM features. (The precise number of accounts allowed will be based on community feedback and decentralized governance.)

誰も無限の銀行を必要としない または 暗号アカウント。 We know it feels good to have no accountability to anything or anybody, but the vast majority of humans just want a simple, stable, and secure crypto alternative to the toxic and unsustainable fiat banking system. They don't feel any intense impulse to create dozens of crypto wallet accounts to play shell games with their cryptocurrencies. In fact, nobody needs an infinite number of cryptocurrency accounts just like nobody needs an infinite number of bank accounts. All humanity needs is a simple, stable and secure way to buy/sell crypto and spend it at merchants that will accept it in real-world commerce. The crypto anarchy that exists today is not necessary to liberate humanity from the toxic banking cartel, it’s not necessary to protect privacy and human rights, and it’s not necessary for any aspect of real-world commerce.

ゼロ知識証明はどのように正確に機能しますか? ゼロ知識プルーフとBIP32プロトコルにより、Giniアカウント管理ソフトウェアは各ステークホルダーごとにHDアカウント(別名HDウォレット)を作成し、各ステークホルダーは無制限の支払いアドレスを生成できます 限られた数のアカウント。これらのアカウントはそれぞれ、検証可能な固有情報に添付されています。 匿名で confirms the stakeholder’s unique humanness without actually disclosing their identity to the Gini Foundation or anybody else. The unique sample is digitally hashed (encrypted), which is a unique mathematical output that 匿名で represents a unique stakeholder on the Gini network without disclosing any of their private information to the Gini Foundation. ゼロ知識証明 魔法のように見えるかもしれませんが、諜報機関と政府が秘密機関のプライバシーを20年近く保守するために秘密の環境で使用してきた確立された暗号化ツールです。

現状を越えて人類を解放することができる。 利害関係者がゼロ知識証明に基づいて作成できるアカウントの数を制限することは、真にプライベートな暗号化アカウントを同時に作成し、自動的にESM機能を実施し、虐待的なステークホルダーを自動的に生態系内の行動に責任を持って保持する唯一の現実的な方法です。このユニークな機能の組み合わせは、有害な銀行カルテルから人類を解放し、幅広く持続可能な富を創出し、現実の商取引における取引プライバシーを保護するために不可欠です。

Questions & Answers

We have received several questions about the ESM, but they all basically boil down to these questions:

Why do I need to provide my phone number? Isn't there some other way to verify that I'm a unique human? How do I know my phone number will not be linked to my Gini wallet?

Gini is Serious About Privacy. Before we answer the questions above, it's important to understand how serious Gini is about privacy. An entire chapter of the ジニーの本 is dedicated to the crucial importance of privacy and how no other human rights can be protected without the human right to privacy. There's a vivid segment of our Gini Documentary video about the importance of privacy. There's the GiniVerifyサービス we're building to create a more private ecosystem. And we've published other technical concerns about the inadequate privacy of Bitcoin and other cryptocurrencies today. So, we are as committed to creating a truly private cryptocurrency as any of the privacy fanatics in the crypto world today. However . . .

Privacy Alone is Not Enough. Privacy is useless if you live in an anarchic hell-hole full of corporate tyranny and political despotism caused by the hyper-concentration of wealth そして perpetually destabilizing currency manipulators who destroy the integrity of your political and economic systems. It should be clear that privacy is not the only thing that matters in life.

Privacy is Not All-or-Nothing. We are building the Gini platform and the privacy features in phases because nobody can build all these things overnight. The technology that makes private cryptocurrencies possible is continuously evolving and we will adopt the best privacy technologies as they emerge, in addition to our own innovations. Thus, we are committed to building the most private cryptocurrency possible, but privacy must always be balanced with the goal of creating systemic integrity, stability and sustainability.

We are not linking anybody's personally identifiable information to their cryptocurrency wallets. The purpose of the ESM's human verification process is to verify a person's unique humanity, not their unique identity. Your identity and your humanity are totally different things. To accomplish the goals of the ESM, Gini's automated Human Verification System only needs to verify that you are a unique human. 

Why Use Phone Numbers? Currently, for various technical reasons, a hashed phone number (e.g.: 555-555-5555 => c6d93dd6a266f33038af03534ab8192f) is the best way for the Gini system to automatically verify a person's unique humanity, which is why we are starting with this approach. Only the hash is stored and compared with other hashes, not the phone number. Highly respected tools like the encrypted Signal instant messaging app (recommended by Ed Snowden) use phone numbers for similar reasons. However, Gini and other privacy-focused projects are also working on privacy-protecting decentralized ID systems based on Zero-Knowledge Proofs (ZKPs), which are built with 同型暗号. ZKP-based systems will eliminate the need for phone number hash verification.

Hashing phone numbers, passwords, credit card numbers, and other information is a well-established practice to preserve privacy and anonymity. If a hash is unintelligible and impossible to reverse-engineer within the lifespan of the universe, then we are not linking personally identifiable information to any Gini stakeholder's wallet. We are simply creating a mathematical link between a person's unique humanity (in the form of a unique hash) and their cryptocurrency wallet, but there is absolutely no realistic way to reverse-engineer that link to discover the person's actual identity. If that was possible, then the entire Internet and virtually all major electronic security systems would collapse because they're all dependent upon unbreakable hashes.

The short-sighted impulse for immediate perfection is the enemy of progress, both for Gini and for humanity in general. We understand that some people don't want to allow their phone numbers to be used in any kind of automated human verification process, even if the phone numbers are hashed and completely anonymous. However, hashed phone numbers are the most practical way for us to launch the Gini Platform, protect our stakeholder's privacy, start building a truly egalitarian and sustainable ecosystem, and start raising broader awareness of the unique principles that guide Gini's long-term development. As soon as another reliable way exists to verify a stakeholder's humanity without phone numbers, we will adopt it and the Gini system will no longer need phone numbers.

Every Journey Must Start Somewhere. We have built a strong foundation and we have a clear path forward. We hope you will 参加しませんか on this important journey.


ノート:
[1] 訪問 ジニーの本のリスト この現実を確認する多くの学問的、非団体的な本を読むこと。


Did You Like This Resource?


Gini is doing important work that no other organization is willing or able to do. Please support us by joining the Gini Newsletter below to be alerted about important Gini news and events and follow Gini on Twitter.


[mailpoet_form id="1"]